ブラックでも融資可能な業者、利用してはいけない!いったいなぜ?

キャッシングは誰でも利用しやすいカジュアルな融資サービスとして広く人気を集めています。とは言え、名前を変えてもその実態が借金であることに変わりはありません。借りたお金を期日までにきちんと返すということだけは、確実に実行していかなければいけません。

返済を著しく滞納したり、完済できずに債務整理を行った場合、いわゆるブラックという状態になってしまいます。ブラックリストに載るなどとも言いますが、これは実際にそういう名称のリストがあるわけではありません。キャッシング会社を含め、ほとんどの金融機関は個人の信用情報を調査する機関を通じて情報を共有しています。どこで借り入れをするにしても、融資を行う際には必ず審査が行われます。その審査の時には、この機関に情報を照会して、融資を実行しても大丈夫かどうかをチェックしているのです。上記のような返済に関する問題を起こすと、この機関にそれが事故として記録されます。これがブラックになるということです。

ブラック=返済能力がない、あるいは返済の意思がないという風にみなされます。そのためブラックになると、きちんと審査を行うまともなキャッシング会社ではほぼ100%審査を通りません。ところがインターネットなどで検索すると、『ブラックOK』、『無審査融資』などと謳った業者が数多く見つかります。お金に困っているブラックの人にとっては非常に魅力的な言葉に感じるかもしれませんが、実はこういった会社は決して利用をおすすめできるものではありません。

ブラックでも融資可能などと言った甘い言葉を謳い文句にしているキャッシング会社は、ほとんどがヤミ金と考えて間違いありません。通常、キャッシング会社は都道府県や国などの自治体に登録し、営業の許可を得て運営しています。ヤミ金とは、この登録を行っていない違法業者を指します。確かに審査は無いか、あっても非常に甘い基準で行われており、ブラックでも借り入れが可能であることは事実です。その代わり、違法なレベルの高利で融資を行っているので、そのリスクは適法なキャッシングと比べて格段に高くなります。ただでさえ返済能力の低いブラックの人が借り入れをしたら、完済はかなり難しいということは容易に想像できるでしょう。

ブラックで融資が受けられなくなってしまったら、それ以上キャッシングを利用するべきではないのです。ましてやヤミ金に手を出してしまえば、状況は悪化する一方です。そうなる前に、しかるべきところに相談するなど、別の手段を考えてください。

閉じる